山陽新聞デジタル|さんデジ

「街角散歩コンサート」始まる 岡山市中心部、秋空に音色響く

市中心部で始まった「街角散歩コンサート」
市中心部で始まった「街角散歩コンサート」
 おかやま国際音楽祭2021のイベントの一つ「街角散歩コンサート」が27日、岡山市中心部で始まった。市内各地を会場に10月30日まで全11回開かれ、岡山県ゆかりのアーティストが幅広いジャンルの音色を響かせる。

 初回は、岡山フィルハーモニック管弦楽団で金管楽器を担当する5人が県庁通り沿いにある両備バスカンパニー(北区錦町)駐車場で公演。クラシック音楽や東京五輪の開会式で使われたゲーム音楽を披露した。

 散歩がてら訪れたという女性(84)=同区=は「太陽の下で大好きな音楽を聴けて晴れやかな気分になった」と話した。

 今後の公演の日時・会場は次の通り。

 10月2日後0時15分、西川緑道公園野殿橋デッキステージ▽3日後0時15分、クレド岡山ふれあい広場▽6日後0時15分、上之町商店街アムスメール時計台前▽10日前10時、岡山シンフォニービルガレリア▽14日後0時15分、深柢ガーデン▽16日後1時、県立美術館(有料)▽23日後1時、RSKイノベイティブ・メディアセンター前▽24日後1時、林原美術館▽30日後1時と3時、能楽堂ホール・tenjin(テンジン)9(ナイン)(有料)

 問い合わせは実行委事務局(086―224―1950)。

(2021年09月27日 20時17分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ