山陽新聞デジタル|さんデジ

絵描いたTシャツ400枚展示 高梁、初のアートイベント

風を受けて揺れるTシャツ=吹屋ふるさと村・下町駐車場
風を受けて揺れるTシャツ=吹屋ふるさと村・下町駐車場
谷さんが手掛けた原画
谷さんが手掛けた原画
 高梁市の中高生らが絵を描いたTシャツ400枚を展示する初のアートイベント「たかはしJOYNART(ジョイナート)」が、国重要伝統的建造物群保存地区の吹屋ふるさと村(同市成羽町吹屋)など市内6会場で開かれている。10月3日まで。

 新型コロナウイルス禍で学校活動が制限される生徒に、芸術や地域の歴史に触れてもらおうと、市観光協会吹屋支部などが企画。世界的人気映画の背景画を手掛けた吹屋地区出身の谷雅彦さん=米国在住=が制作した原画(6メートル四方)を分割して中高生と住民計400人に割り当て、白地のTシャツに絵の具で描いた。

 各会場にあるQRコードを読み取ると、かつて高梁川を往来していた高瀬舟が宇宙に飛び出す様子を描いたモザイク画の全体像を見ることができ、訪れたアートファンはスマートフォンを使いイベントを楽しんでいる。鑑賞無料。

 他の会場は、市図書館▽城まちステーション▽うかん常山公園▽弥高山公園▽広兼邸。

(2021年09月27日 19時05分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ