山陽新聞デジタル|さんデジ

モンゴルの母も「初耳」と驚き 白鵬の引退意向、ねぎらいの声も

 横綱白鵬関の母親タミルさん=2019年、ウランバートル(共同)
 横綱白鵬関の母親タミルさん=2019年、ウランバートル(共同)
 【ウランバートル共同】「衝撃的だ」。大相撲の横綱白鵬の引退意向を受け、出身地モンゴルでも27日、驚きが広がった。日本での活躍を応援してきた母も「初耳」と話す。テレビ中継などで日本の大相撲への注目度も高く、白鵬ファンから「モンゴル人の強さを世界に見せてくれた」とねぎらいの声が相次いだ。

 モンゴルで白鵬の奮闘を見守ってきた母タミルさんは共同通信の取材に対し、引退の意向について「相談はなかった。初耳でびっくりしている」と語った。タミルさんには「日本が育ててくれた」との思いもあり、白鵬が日本国籍を取得した際も「良いニュース」と喜んでいた。

(2021年09月27日 12時24分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ