山陽新聞デジタル|さんデジ

仏教の教えや逸話をTシャツに 和気・実成寺がオンライン販売

実成寺が作ったTシャツと住職の若佐さん
実成寺が作ったTシャツと住職の若佐さん
 岡山県和気町藤野の実成寺(じつじょうじ)が、釈迦(しゃか)をテーマにしたTシャツを作って販売している。仏教にまつわる教えや逸話をポップなイラストであしらっており、若い世代に宗教に関心を向けてもらおうとしている。

 住職の若佐〓臣(ぎしん)さん(39)が初めて企画した。釈迦の善行をまとめた説話集や仏教の経典からエピソードを抜き出し、イラストで表現。絵は県外在住のイラストレーターが担当した。

 黒と白の2種類がある。黒いTシャツは黄金の6本牙を持つ白い象と赤ちゃんをデザインし、釈迦の母親が懐妊時に見たという白い象の夢を描写した。白いTシャツは痩せ細ったトラが若い少年にかみつく場面を描き、わが身を差し出して飢えたトラを延命させる「捨身飼虎(しゃしんしこ)」の逸話を再現した。

 1枚3800円。いずれも半袖でサイズはS、M、L、XL。寺のオンラインショップのみで販売する。若佐さんは「カジュアルに着こなしながら宗教も身近に感じてもらいたい」と話している。

〓は豈の右に頁

(2021年09月25日 19時46分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ