山陽新聞デジタル|さんデジ

台湾、TPP加入に強い意欲 先行申請の中国妨害を警戒

 環太平洋連携協定(TPP)への加入申請の経緯などを説明する台湾行政院のトウ振中政務委員=23日、台北(行政院提供・共同)
 環太平洋連携協定(TPP)への加入申請の経緯などを説明する台湾行政院のトウ振中政務委員=23日、台北(行政院提供・共同)
 【台北共同】台湾政府は23日、環太平洋連携協定(TPP)への加入申請を正式に発表した。記者会見した通商交渉を担当する行政院(内閣)のトウ振中政務委員は「台湾にとって世界貿易機関(WTO)加盟以来のチャンス。国内法の改正など準備が整ったので申請した」と加入に強い意欲を示した。

 台湾に先立ち16日に加入申請した中国は「一つの中国」原則を主張して台湾を自国領土と見なしており、台湾の加入に反対している。トウ氏は申請について、中国の申請と直接的な関係はないと説明。一方で「中国が先に加入すると、台湾の加入はリスクにさらされる」と述べ、中国による妨害に警戒感を示した。

(2021年09月23日 13時16分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ