山陽新聞デジタル|さんデジ

尖閣の現状変更に「反対」 日米豪印クアッド声明原案

 菅義偉首相、バイデン米大統領(AP=共同)
 菅義偉首相、バイデン米大統領(AP=共同)
 【ワシントン共同】日本と米国、オーストラリア、インドの協力枠組み「クアッド」が24日にワシントンで開く首脳会合の共同声明原案が22日、判明した。中国公船による接近が続く沖縄県・尖閣諸島が位置する東シナ海や、南シナ海の一方的な現状変更の試みに「反対」し、中国をけん制。クアッドがインド太平洋地域の平和や安定の力になると強調した。複数の関係者が明らかにした。

 バイデン米大統領は21日の国連総会一般討論演説で「唯一の競争相手」とする中国をにらんでクアッド重視の姿勢を強調。一方「新冷戦は望んでいない」とした。

(2021年09月22日 21時58分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ