山陽新聞デジタル|さんデジ

裁判受ける権利奪い送還、違憲 スリランカ男性への入管対応

 東京高裁判決後に記者会見する、スリランカ出身の男性2人の代理人弁護士ら=22日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ
 東京高裁判決後に記者会見する、スリランカ出身の男性2人の代理人弁護士ら=22日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ
 スリランカ出身の男性2人が難民認定申請の棄却を告げられた翌日に強制送還され、不服とする裁判を起こす時間が与えられなかったとして、国に計1千万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は22日、「憲法が保障する裁判を受ける権利を侵害した」とし、当時の東京入国管理局の対応を違憲と認めた。請求を棄却した一審東京地裁判決を変更し計60万円の支払いを命じた。弁護団によると、強制送還を巡り違憲とした判決は初とみられる。

 平田豊裁判長は、入管側が2人をチャーター機による集団送還の対象者としており、確実に実施するため、直前まで意図的に棄却を告げなかったとした。

(2021年09月22日 21時14分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ