山陽新聞デジタル|さんデジ

1・5億円の買収原資を否定 自民、参院広島選挙区事件

 東京・永田町の自民党本部
 東京・永田町の自民党本部
 自民党の柴山昌彦幹事長代理は22日、党本部で記者会見し、2019年参院選広島選挙区の買収事件を巡り、党本部が河井案里氏(47)=公選法違反罪で有罪確定=の陣営に投入した1億5千万円は買収の原資ではなかったと説明した。大半は機関紙やチラシの作成などに使われたとし「1億5千万円から買収資金は出していないという報告があった」と述べた。

 案里氏と夫の克行元法相(58)=同法違反罪で一審実刑、控訴=は「使途に問題がなかったことを報告する必要があると思い、(政治資金収支報告書の)訂正報告を広島県選挙管理委員会や総務大臣宛てに提出した」などのコメントを発表した。

(2021年09月22日 19時07分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ