山陽新聞デジタル|さんデジ

「中秋の名月」岡山城照らす 8年ぶり満月 夜空に浮かぶ

大規模改修が行われている岡山城天守閣を照らす中秋の名月=21日午後7時15分
大規模改修が行われている岡山城天守閣を照らす中秋の名月=21日午後7時15分
 旧暦8月15日の夜に見える月、「中秋の名月」を迎えた21日、岡山県内でも満月が夜空に浮かんだ。美星天文台(井原市)などによると中秋の名月が満月に重なるとは限らず、2013年以来8年ぶりにそろったという。

 県内の月の出は午後6時半ごろ。満月が放つ光は、大規模改修が行われている岡山城天守閣(岡山市北区丸の内)をほのかに照らし出した。

 岡山城近くの石山公園(同石関町)ではスマートフォンで、幻想的な十五夜を写真に収める人も。毎年、同公園に月見に訪れる女性(78)=同北区=は「満月のためか、特別大きく見えた。とてもきれい」と話していた。

(2021年09月21日 21時55分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ