山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山・旧内山下小でブンカサイ 26日、音楽ライブや飲食販売

キセル
キセル
トクマルシューゴさん
トクマルシューゴさん
 旧内山下小(岡山市北区丸の内)を舞台にした恒例のイベント「マチノブンカサイ」が、26日に開かれる。市中心部の廃校を活用したにぎわいづくりを狙いに始まり、今年で10回目。新型コロナウイルス感染防止策を講じつつ、節目を記念して過去に出演したアーティストらによる音楽ライブなどを展開する。

 グラウンドの特設ステージでの音楽ライブには、辻村豪文さん、友晴さんによる兄弟ユニット「キセル」をはじめ7組が出演。NHK・Eテレの子ども向け番組の音楽を手掛けるトクマルシューゴさん、地元勢では6人組バンド「ジャマーズ」、男女ツインボーカルの「みをあわつばさ」も登場する。

 ステージ近くには、タコス、ハンバーガー、アイスクリームなどのフードコーナーも開設。音楽を聴きながらの黙食を推奨する。校舎内では子ども向けのヘアアレンジ・メーク体験、タイ古式マッサージ、アクセサリー作りなどのワークショップを予定している。

 イベントはNPO法人「ENNOVA OKAYAMA」(岡山市)などの主催で、2012年から年1回開催。今年は体育館のステージを設けず、飲食やワークショップの規模も縮小して実施にこぎ着けた。同法人は「良質な音楽や食、体験を通して、楽しい時間を提供したい」としている。

 時間は午前11時~午後8時。新型コロナ感染予防のため検温や入場規制を行う。入場券は前売り2千円、当日3千円、中学生以下と65歳以上は無料。雨天決行。問い合わせは実行委(contact.form@machinobunkasai.info)。

(2021年09月22日 15時27分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ