山陽新聞デジタル|さんデジ

eスポーツにシニア参戦、秋田 プロ目指すチームを結成

 記者会見でポーズをとる「マタギスナイパーズ」のメンバーら=21日、秋田市
 記者会見でポーズをとる「マタギスナイパーズ」のメンバーら=21日、秋田市
 秋田県の65歳以上のシニアが、人気ゲーム「フォートナイト」などの腕を競うeスポーツチーム「マタギスナイパーズ」を結成し、21日に秋田市で記者会見した。プロを目指す高齢者のeスポーツチームは全国的にも珍しい。

 秋田市のIT関連会社「エスツー」が募集。県内から応募した21人のうち、66歳から73歳の男女8人が正式メンバーとして参加した。名前は東北地方の山岳地帯で猟を営んだ「マタギ」にちなんだ。

 8人はゲーム歴がほとんどない状態からのスタートだったが、現在は秋田市内のトレーニング施設で1人当たり週2回練習。家に機材をそろえて自主練習に励むメンバーも。

(2021年09月21日 19時00分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ