山陽新聞デジタル|さんデジ

水島港にクジラの死骸 船舶と衝突か、海保が係留

係留されたクジラ=21日午前10時31分、水島港
係留されたクジラ=21日午前10時31分、水島港
 21日午前8時25分ごろ、倉敷市の水島港内に停泊していたタンカー船の船長から「海上にクジラが浮いている」と水島海上保安部に通報があった。同保安部の巡視艇が同港内で、海面に浮いていたクジラを発見。既に死んでおり、ロープで港内の桟橋に係留した。

 岡山県水島港湾事務所によると、クジラは体長8~10メートル程度。航行中の船舶と衝突したとみられる。

 クジラは腹を上に浮かんでおり、桟橋近くで釣りをしていた男性(83)=同市=は「数十年ここに釣りに来ているが、クジラを見るのは初めて。びっくりしている」と話していた。

(2021年09月21日 12時31分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ