山陽新聞デジタル|さんデジ

ヤクルトの塩見がサイクル安打 今季2人目

 4回、3ランを放ち、ナインとタッチを交わすヤクルト・塩見=東京ドーム
 4回、3ランを放ち、ナインとタッチを交わすヤクルト・塩見=東京ドーム
 ヤクルトの塩見泰隆外野手(28)が18日、東京ドームで行われた巨人19回戦でサイクル安打を達成した。8月25日の牧秀悟内野手(DeNA)に続き今季2人目で、プロ野球史上71人目(76度目)、セ・リーグでは38人目(41度目)。球団では2018年7月9日の山田哲人内野手以来。

 塩見は一回に右前打、三回に右翼フェンス直撃の三塁打、四回に右越えの3点本塁打を放ち、六回に左翼線二塁打をマークして達成した。

(2021年09月18日 20時10分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ