山陽新聞デジタル|さんデジ

リニア工事は流域の理解が前提 JR東海社長、首長らと面会

 意見交換会であいさつするJR東海の金子慎社長=18日午後、静岡市
 意見交換会であいさつするJR東海の金子慎社長=18日午後、静岡市
 リニア中央新幹線静岡工区を巡り、JR東海の金子慎社長は18日、静岡県島田市など大井川の流域9市町の首長らと静岡市内で意見交換会を開き、流域自治体の理解が得られるまでは工事を進めない考えを改めて示した。「工事は流域のみなさんの理解と協力が前提だ」と述べた。流域市町はトンネル掘削工事が大井川の流量に及ぼす影響を懸念している。

 金子社長は冒頭、「水利用の問題で心配を掛け、おわびする」と陳謝。「みなさんの話を聞くことがスタートだ」と強調した。金子氏が大井川流域市町関係者と直接対話するのは初めて。10市町が参加予定だったが、焼津市が欠席した。

(2021年09月18日 18時10分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ