山陽新聞デジタル|さんデジ

阪神の矢野監督、続投要請に感謝 3年契約最終年に優勝争い

 中日に勝利し、ファンへあいさつに向かう阪神・矢野監督=甲子園
 中日に勝利し、ファンへあいさつに向かう阪神・矢野監督=甲子園
 阪神の矢野燿大監督
 阪神の矢野燿大監督
 阪神の藤原崇起オーナーは18日、今季で3年契約が切れる矢野燿大監督に来季続投を要請したことを明らかにした。監督は中日戦(甲子園)後に「この時期にそう言ってもらえるのは、評価をしてくれたのはありがたい」と感謝。受諾に支障はないとみられるが「(返答は)シーズンが終わってから。今は一試合、一試合が大事」と指揮に集中する姿勢を強調した。

 今季は首位につけ、2005年以来の優勝が期待されている。試合前に取材に応じた藤原オーナーは、16日に監督に「来季もお願いしたい」と伝えたという。「いろんな手を打って頑張ってくれている。年々進化している」と理由を説明した。

(2021年09月18日 19時46分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ