山陽新聞デジタル|さんデジ

米軍、アフガン誤爆認める 子ども含む10人殺害

 米軍無人機の空爆で大破した車と死亡したアフガニスタン人の親族ら=8月30日、カブール(UPI=共同)
 米軍無人機の空爆で大破した車と死亡したアフガニスタン人の親族ら=8月30日、カブール(UPI=共同)
 【ワシントン共同】米中央軍のマッケンジー司令官は17日の記者会見で、アフガニスタンの首都カブールで米軍が8月29日に実施した無人機による攻撃は誤爆だったと認め、子ども7人を含む民間人10人を殺害したと明らかにした。マッケンジー氏は「責任は私にある。心からおわびする」と謝罪した。

 米軍は当初、過激派組織「イスラム国」(IS)系勢力「ISホラサン州」の車両を空爆し、差し迫った脅威を排除したと説明。米メディアはアフガン人一家が巻き添えで死亡したと報じ、米軍が調査を進めていた。

 アフガン駐留米軍は8月30日に撤退を完了。

(2021年09月18日 05時52分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ