山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県 感染状況ステージ4を維持 直近1週間 療養者数は依然高水準

岡山県 感染状況ステージ4を維持 直近1週間 療養者数は依然高水準
岡山県 感染状況ステージ4を維持 直近1週間 療養者数は依然高水準
 岡山県は17日、直近1週間(9~15日)の県内の新型コロナウイルス感染状況を発表した。指標6項目のうち5項目が前週(2~8日)より改善。県は「流行『第5波』はピークを越えた」との認識を示す一方、療養者数は依然として高い水準で推移しており、全体の判断はステージ4(爆発的感染拡大)を維持する。

 1週間当たりの新規感染者数は376人。前週(865人)の4割程度に抑えられ、3週連続で減少した。これに伴い10万人当たりの週間感染者は前週から25・88ポイント減の19・89人に改善。医療の逼迫(ひっぱく)度合いを示す病床使用率も5・0ポイント減の33・6%となり、いずれもステージ3(感染急増)相当となった。

 一方、10万人当たりの療養者数は32・59人。前週(62・12人)からはほぼ半減したものの、指標6項目で唯一、ステージ4の基準(30人以上)を上回る。

 県によると、家庭や職場で感染が広がるケースが引き続き目立つほか、療養中に症状が急変して搬送される事例もあるという。

 今週末からは3連休や祝日が控えることから、県新型コロナ対策室は「人の流れが増えれば、再拡大の恐れがある。第5波を完全に抑え込むため不要不急の外出は控えてほしい」と呼び掛けている。

(2021年09月17日 20時29分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ