山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ 岡山県25人感染 津山と倉敷でクラスター発生

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県内で17日、25人の新型コロナウイルス感染が確認された。津山、倉敷市では県内179、180例目のクラスター(感染者集団)が発生。県内での感染確認は1万4910人となった。

 新規感染者は岡山市6人、倉敷市5人、津山、赤磐市各4人、総社市2人、美作市、勝央町各1人と県外在住者2人。年代別では非公表の4人を除き多い順に20代6人、10代、30代、40代、50代各3人―など。1人が中等症で、他は軽症か無症状。7人の感染経路が分かっていない。

 新たなクラスターのうち津山市では知人間の会食で5人が感染。倉敷市では、公表済みの市内外の感染者6人が同じ会社の社員で、職場で接触があったことが分かった。

 また、県は感染を公表済みの46人からインド由来のデルタ株、2人から英国由来の変異株が見つかったことも明らかにした。県内でのデルタ株の確認は311人、英国株は561人となった。

(2021年09月17日 19時36分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ