山陽新聞デジタル|さんデジ

交通安全呼び掛けるCD製作 津山署など 管内幼稚園でダンスも

Tokoさんが歌と作詞作曲を手掛けたCD
Tokoさんが歌と作詞作曲を手掛けたCD
「心の安全週間」を踊る園児ら=つやま西幼稚園
「心の安全週間」を踊る園児ら=つやま西幼稚園
 秋の交通安全県民運動(21~30日)を前に、津山署などは子どもたちに交通安全を呼び掛けるCDを作り、管内(津山市、鏡野町)の幼稚園や保育園などに無料で配っている。

 曲名は「心の安全週間」。市出身のシンガー・ソングライターのToko(トコ)(本名・高橋朋子)さん=大阪市=が作詞作曲を担当し、柔らかく親しみやすい曲調に乗せて「右見て左見てGo!」「指さしひと呼吸シートベルト」などと歌っている。

 15日にはつやま西幼稚園(二宮)にCDが贈られ、市交通指導員の三谷温美(はるみ)さんが曲に合わせて考えた振り付けで元気いっぱいの踊りを披露。年長の男児(6)は「みんなと踊れて楽しかった。横断歩道の渡り方などをお父さんとお母さんに教えたい」と喜んでいた。

 800枚を作製。安全運転を徹底してもらうため、トラックやタクシーの事業者にも一部を配布している。古米秀充交通課長は「交通安全への意識がさらに深まり、悲惨な事故が1件でも減少すれば」と話している。

(2021年09月17日 16時43分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ