山陽新聞デジタル|さんデジ

台風14号 最接近は18日未明か 岡山県内 強風や激しい雨に警戒を

 台風14号は17日に東シナ海から対馬海峡に進んだ後、午後には九州北部など西日本に上陸する見通しとなった。18~19日にかけて西日本から東日本を横断するとみられ、気象庁は16日、暴風、高波や高潮、大雨による土砂災害や浸水、河川の増水や氾濫に警戒を呼び掛けた。

 西日本は17日に非常に強い風が吹き、16日夜から17日にかけて非常に激しい雨が降る場所がありそうだ。台風は次第に温帯低気圧の性質を帯びて影響範囲が広がり、18日は西日本から北日本で強い風が吹き、非常に激しい雨が降る場所がある。

 岡山地方気象台によると、岡山県への最接近は18日未明から明け方となる見込み。17日夜から激しい雨が降る所があり、18日正午までの24時間予想雨量は南部、北部ともに100~150ミリ。沿岸部では高潮への警戒も必要。満潮(宇野港・17日午後9時半)時に、雨風が強まっていれば潮位が通常より約60センチ高くなる恐れがある。

 17日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は四国、九州北部25メートル(35メートル)、近畿、中国23メートル(35メートル)、九州南部20メートル(30メートル)。波は九州6メートル。

 17日夕方までの24時間予想雨量は多い所で九州北部250ミリ、四国200ミリ、九州南部150ミリ、近畿120ミリ、東海100ミリ。その後も西日本から北日本で雨が続く。

(2021年09月16日 19時13分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ