山陽新聞デジタル|さんデジ

美作土居駅で清掃ボランティア 県理容組合作州支部美勝地区

JR美作土居駅ホームを清掃する組合員ら
JR美作土居駅ホームを清掃する組合員ら
 岡山県理容生活衛生同業組合作州支部美勝地区は「理容ボランティアの日」の13日、美作市土居のJR美作土居駅で清掃奉仕に臨んだ。

 組合員とJR西日本の社員約15人が参加。約1時間半、ホームや線路沿いの草刈りを行ったほか、窓ガラスと電灯を雑巾で拭いた。組合員の男性(79)=同市=は「理容業は地域の人に支えられて成り立っている。気持ち良く駅を利用してもらえればうれしい」と話した。

 同支部津山地区のメンバーもこの日、鶴山公園(津山市山下)周辺で清掃活動を行った。

 全国理容生活衛生同業組合連合会が9月の第2月曜を理容ボランティアの日と定め、2008年から毎年各地で奉仕活動を実施している。

(2021年09月16日 17時48分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ