山陽新聞デジタル|さんデジ

牛窓の多島美を楽しんで 前島フェリーが3コース用意

クルージングで使用する旅客船
クルージングで使用する旅客船
 日本のエーゲ海と称される瀬戸内市・牛窓沖で多島美や夕暮れを楽しむクルージングが18日、スタートする。同市緑の村公社(前島フェリー)が観光振興を狙いに企画。11月末までの土日祝日限定で3コースを用意する。

 いずれも牛窓港フェリー乗り場(同市牛窓町牛窓)の発着。午前10時20分出航で牛窓諸島を巡回するコース▽午後1時20分から岡山市・犬島と牛窓諸島を巡るコース▽日没時間に合わせて午後4時台に出発し、夕日を眺めるコースがある。所要時間は1時間~1時間20分。

 京橋と犬島を結ぶ運航会社「岡山京橋クルーズ」(同市)から借りた70人乗りの旅客船を使う。ガイドを務める前島フェリーの三枝智通理事は「海上から牛窓の景色を楽しんでほしい。好評なら来年4月以降も継続したい」と話している。

 料金は中学生以上2100~2400円、小学生千~1200円。未就学児無料。催行人数は2~30人で、当日空席があれば予約なしでも乗船できる。問い合わせは前島フェリー(0869ー34ー4356)。

(2021年09月17日 09時33分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ