山陽新聞デジタル|さんデジ

新横綱照ノ富士、初日に逸ノ城戦 秋場所、2日目は豊昇龍と

 照ノ富士関
 照ノ富士関
 日本相撲協会は10日、大相撲秋場所(12日初日・両国国技館)の取組編成会議を開き、2日目までの取組を決めた。新横綱の照ノ富士は初日に小結逸ノ城、2日目に新鋭の平幕豊昇龍と対戦することになった。

 両大関は正代が豊昇龍、小結高安の順に当たり、4度目のかど番で迎える貴景勝は北勝富士、霧馬山の両平幕とぶつかる。

 宮城野部屋は新十両北青鵬らの新型コロナウイルス感染が判明し、先場所優勝の横綱白鵬、平幕石浦、十両炎鵬ら全所属力士が全休。その他、十両以上では、新型コロナ対策のガイドライン違反で出場停止処分を受けている関脇朝乃山が初日から休場する。

(2021年09月10日 14時18分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ