山陽新聞デジタル|さんデジ

経年変化楽しむデニムTシャツ 津山の内田縫製、丈夫で長持ち

内田縫製が商品化したデニム生地を使ったTシャツ
内田縫製が商品化したデニム生地を使ったTシャツ
 ジーンズ製造販売の内田縫製(津山市新野山形)は、デニム生地を使って初めてTシャツを商品化した。ジーンズと同様に丈夫で長持ちし、経年変化による味わいを楽しめる。

 一般的なTシャツに使う編み生地ではなく、ジーンズ向けの織り生地を用い、専用ミシンで縫製した。生地は綿95%にポリウレタン5%を混ぜて伸縮性を持たせている。右肩部分にある真ちゅう製スナップボタンで開閉して着脱する。水洗い可。インディゴブルー、グレー、エクリュ(生成り)の3色でXS~XLの5サイズを用意した。1着9350円。同社と同社オンラインショップで販売している。

 内田政行社長は「長く愛用してもらうと縫い合わせた部分の凹凸がこすれ、濃淡による風合いが生まれる。長袖や襟の形を変えるなどラインアップも増やしていく」としている。

 問い合わせは同社(0868ー36ー2861)。

(2021年09月09日 16時46分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ