山陽新聞デジタル|さんデジ

美咲の棚田に実りの秋 稲刈りシーズン到来

稲刈りのシーズンを迎えた棚田=4日、岡山県美咲町大垪和西
稲刈りのシーズンを迎えた棚田=4日、岡山県美咲町大垪和西
 里山に実りの秋―。農林水産省の「日本の棚田百選」の一つ岡山県美咲町大垪和西地区が、稲刈りシーズンを迎えた。こうべを垂れる稲穂の波をかき分けるコンバインが秋の気配を漂わせ、アマチュアカメラマンらを魅了している。

 同地区は標高400メートル前後のすり鉢状の傾斜地(約40ヘクタール)に、およそ800枚の棚田が幾重にも連なる。7枚計48・5アールで育てる男性(72)の田では4日、依頼された男性(69)が5月上旬に植えた「あきたこまち」をコンバインで手際よく収穫。機械が入りにくい場所は鎌で丁寧に刈り取った。

 男性(72)は「今年は穂が出始める7月中旬から8月上旬にかけて日照りが続き、生育が心配だったが、田の水をしっかり管理したことで良いコメができた」と話した。

 同地区の稲刈りは今月中旬にピークを迎え、10月上旬まで続く見込み。

(2021年09月04日 20時49分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ