山陽新聞デジタル|さんデジ

天満屋が広島緑井店をフジに譲渡 22年7月31日付

天満屋本社
天満屋本社
 天満屋(岡山市北区表町)は3日、広島緑井店(広島市安佐南区緑井)について、来年6月いっぱいで営業を終え、中四国でスーパーを展開するフジ(松山市)に同7月31日付で譲渡すると発表した。

 同店は1997年開業、売り場面積約1万6千平方メートル。ここ数年は他店との競合や新型コロナウイルス禍に伴う客足の減少などによって営業赤字で、隣接地に総合スーパーを持ち、一体運営が可能なフジに譲ることを決めた。

 天満屋は近年、不採算店の整理を進めており、2012年3月に広島八丁堀店(広島市中区胡町)、昨年1月に広島アルパーク店(同市西区井口明神)を閉店。広島市内の店舗は緑井店だけになっていた。

(2021年09月03日 11時26分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ