山陽新聞デジタル|さんデジ

93歳、ユニーク自撮りに注目 新見美術館で28日から写真展

手押し車で自動車と並走する西本さんの写真
手押し車で自動車と並走する西本さんの写真
自らごみ袋に入って自撮りした1枚
自らごみ袋に入って自撮りした1枚
 ユニークな“自撮り”写真で注目を集める93歳の現役アマチュア写真家、西本喜美子さん=熊本市在住=の写真展(新見市、テレビせとうちなど主催、山陽新聞社後援)が28日、新見市西方の新見美術館で開幕する。手押し車を押して自動車と並走したり、フィギュアスケートのジャンプを決めたりと、思わず目を疑い、後にクスッとさせられる作品が並ぶ。

 写真共有アプリ・インスタグラムのフォロワーが26万人という西本さん。自ら“可燃ごみ”となって指定袋で捨てられ、物干しにつるされる…。自虐ネタながら老いをポジティブに捉えて笑いにした約100点を展観する。県内での個展は初めて。昆虫を題材にしたグラフィックアートや花といった静物もある。

 西本さんは1928(昭和3)年にブラジルで生まれ、帰国後は美容師、競輪選手と異色の経歴を持つ。72歳の時に長男和民さんが主宰する教室で初めてカメラに触れ、74歳で編集ソフトを駆使したデジタル写真を手掛け、ユーモアあふれる作品を発表してきた。

 同美術館は「新型コロナ禍で遠出しにくい環境だが、93歳のフォトグラファーによる写真で癒やされてほしい」とアピールする。

 会期は10月3日まで。月曜休館(9月20日は開館)。午前9時半~午後5時(入館は同4時半)。一般800円、大学生500円、中高生300円、小学生200円。問い合わせは同美術館(0867―72―7851)。

(2021年08月27日 17時28分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ