山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山市小中2学期開始 教委と協議 第5波受け市長「25日に結論」

岡山市役所
岡山市役所
 若い世代を中心に拡大している新型コロナウイルスの流行「第5波」を受け、岡山市の大森雅夫市長は24日の記者会見で市立小中学校の2学期開始について「市内でも子どもたちの感染が目立っている。市教委と早急に対応を協議し、25日にも結論を出したい」との考えを示した。

 ほとんどの小中学校は2学期の始業式を30日に予定する。感染の急拡大を受け、全国では夏休みの延長や休校に踏み切る自治体も出ている。大森市長は「始業式の延期に伴う子どもの学力や保護者への影響も踏まえ、総合的な判断が必要だ。現状の分析を急ぎたい」とした。

 市内では、18日に新規陽性者が過去最多の140人に達するなど、第5波の収束が見通せない状況が続いている。

(2021年08月24日 19時29分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ