山陽新聞デジタル|さんデジ

まん延防止 対象は岡山、倉敷市 県決定、酒類提供の終日停止要請

まん延防止等重点措置の適用を受けて開かれた岡山県の新型コロナウイルス対策本部会議
まん延防止等重点措置の適用を受けて開かれた岡山県の新型コロナウイルス対策本部会議
岡山県の今後の対応を記者団に説明する伊原木隆太知事
岡山県の今後の対応を記者団に説明する伊原木隆太知事
 岡山県は18日、新型コロナウイルス対策本部会議を開き、まん延防止等重点措置の適用に伴う対応を決定した。対象区域は岡山、倉敷市とし、飲食店などに酒類提供の終日停止、午後8時までの営業時間短縮を要請する。百貨店やショッピングセンターといった集客施設には入場制限などを求める。期間は20日~9月12日。

 飲食店や喫茶店、接待を伴う飲食店、結婚式場に対し、利用者の持ち込みを含む酒類の提供を停止し、営業時間は午前5時~午後8時の範囲とするよう要請。カラオケ設備の利用自粛を求める。応じた店舗には協力金を支給する。正当な理由なく応じない場合、知事が罰則付きの命令を出すことができる。

 集客施設は、生活に必要な物品・サービス関係の店舗を除き、午前5時~午後8時の時短や入場者の人数管理、整理・誘導を呼び掛ける。映画館や体育館などイベント関連施設も同様の時短(イベント開催時は午後9時まで)を求める。いずれも床面積千平方メートル超の施設には協力金を支払う。

 対象区域以外でも、飲食店などに営業を午後8時、酒類提供を午後7時までに短縮するよう要請することを決めた。時短は県内全域に広がることとなる。県民に対しては、県内全域で午後8時~午前5時は飲食店などにみだりに出入りしないよう働き掛ける。

 会議ではまた、今月31日までとしていた各種経済対策の新規販売の停止期間を延長すると決定。県民向け宿泊クーポン「おかやま旅応援割」は9月30日まで延ばし、路線バスやタクシーで利用できるプレミアム付き交通券は当面停止する。感染状況が落ち着くまで販売を停止するとしている飲食店への支援策「Go To イート」も再開は見通せないという。

(2021年08月18日 19時27分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ