山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ 岡山県137人感染 県内確認9222人に

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県で11日、137人の新型コロナウイルス感染が判明した。岡山市78人(県外在住者1人を含む)、倉敷市42人、井原、津山市各3人、瀬戸内、高梁、玉野市各2人、浅口、赤磐、真庭市、奈義、勝央町各1人。岡山市は9日に公表済みの感染者を1人取り下げ、県内での感染確認は9222人となった。

 年代別では非公表の9人を除き多い順に20代43人、30代、50代各21人、40代19人、10代12人―など。症状は2人が調査中で、3人が中等症、他はいずれも軽症か無症状。63人の感染経路が不明としている。

 また、県は感染を公表済みの55人から、インドに由来するデルタ株の可能性がある「L452R変異株」が検出されたことも明らかにした。県内での同変異株確認は425人となった。

(2021年08月11日 18時34分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ