山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ、岡山県120人感染 岡山、倉敷でクラスター発生

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県内で7日、120人の新型コロナウイルス感染が明らかとなった。1日当たりの感染者数は2日連続で100人を超え、29日連続で前週の同じ曜日を上回った。岡山、倉敷市の会社で、いずれもクラスター(感染者集団)が発生。県内の感染確認は8847人となった。

 新規感染者の内訳は岡山市76人、倉敷市25人、玉野、瀬戸内市各4人、浅口、赤磐市各3人、津山市2人、笠岡、総社市、勝央町各1人。年代別では20代の29人が最多で、30代23人、40代18人、50代13人など。いずれも軽症か無症状。57人の感染経路が不明という。

 岡山市では、市内の会社の社員6人の感染が確認され、市がクラスターと判断。業務で接した社員は約30人で、検査を進めている。

 倉敷市でも市内の会社の社員5人の感染が判明。市外の社員4人を合わせ、同社での感染者は計9人となった。

(2021年08月07日 20時49分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ