山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ 岡山県89人感染 倉敷、岡山でクラスター発生

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県内で5日、89人の新型コロナウイルス感染者が確認された。1日当たりの感染者数は27日連続で前週の同じ曜日を上回った。倉敷、岡山市で県内125、126例目のクラスター(感染者集団)が発生。県内での感染確認は8626人となった。

 内訳は岡山市55人、倉敷市19人、総社市3人、津山、笠岡、玉野市各2人、瀬戸内、浅口、高梁、赤磐市各1人と県外在住者2人。年代別では20代の26人が最多で、30代16人、40代14人、50代11人―と続いた。4人が中等症で、47人の感染経路が分かっていない。

 倉敷市の3人は、接待を伴う飲食店の従業員と利用客で、感染者は公表済みの5人と合わせ8人。岡山市の趣味グループでもこの日までに6人の感染が判明した。また、同市の1人はクラスターが起きた市内会社の社員で、一連の感染者は10人となった。

 県はこの日、感染を公表済みの34人から、インドに由来するデルタ株の可能性がある「L452R変異株」が検出されたことも明らかにした。県内での同変異株確認は238人となった。

(2021年08月05日 20時52分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ