山陽新聞デジタル|さんデジ

アフガン首都で爆発、8人死亡 タリバン「報復作戦開始」

 4日、アフガニスタン首都カブールで、爆発現場を巡視する治安部隊(ロイター=共同)
 4日、アフガニスタン首都カブールで、爆発現場を巡視する治安部隊(ロイター=共同)
 【イスラマバード、ワシントン共同】アフガニスタンの首都カブール中心部で3日夜、爆弾を積んだ車が爆発した後、銃撃戦となり、内務省報道官は4日、民間人を含む少なくとも8人が死亡、20人が負傷したと明らかにした。反政府武装勢力タリバンは4日、モハマディ国防相代行の住宅を狙った攻撃と認め「政府指導者に対する報復作戦の始まりだ」とする声明を出した。

 モハマディ氏は不在で無事だった。現場周辺には政府機関や各国大使館があり、警備が厳重な地域。現地からの報道によると、最初に爆弾を積んだ車がモハマディ氏の住宅近くで爆発した後、武装した4人が周辺に立てこもり銃撃戦になった。

(2021年08月04日 19時28分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ