山陽新聞デジタル|さんデジ

スケボー四十住「金」、開「銀」 金メダル20個、女子最多に

 女子パークで金メダルを獲得し、喜ぶ四十住さくら(右)と銀メダルの開心那=有明アーバンスポーツパーク
 女子パークで金メダルを獲得し、喜ぶ四十住さくら(右)と銀メダルの開心那=有明アーバンスポーツパーク
 スケートボード女子パークで優勝し、金メダルを手にする四十住さくら。左は銀メダルの開心那、右は銅メダルのスカイ・ブラウン=有明アーバンスポーツパーク
 スケートボード女子パークで優勝し、金メダルを手にする四十住さくら。左は銀メダルの開心那、右は銅メダルのスカイ・ブラウン=有明アーバンスポーツパーク
 東京五輪第13日の4日、新競技スケートボードの女子パークで四十住さくら(19)が優勝した。夏季五輪で日本選手史上最年少の開心那(12)は銀メダル、岡本碧優(15)は4位だった。日本の金は今大会20個目、女子種目は10個目で2004年アテネ大会の9個を抜いて最多。

 レスリング女子では前回金メダルの川井梨紗子(26)が57キロ級で準決勝進出。川井の妹で62キロ級の友香子(23)は夜の決勝に臨む。陸上は男子110m障害の泉谷駿介(21)、金井大旺(25)が準決勝で落選、日本選手初の決勝進出はならなかった。

 野球の「侍ジャパン」は午後7時から韓国と準決勝を戦う。

(2021年08月04日 14時19分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ