山陽新聞デジタル|さんデジ

英の金メダリストが編み物 観客席で、犬用セーター

 観客席で編み物をするトーマス・デーリー=2日、東京アクアティクスセンター(ロイター=共同)
 観客席で編み物をするトーマス・デーリー=2日、東京アクアティクスセンター(ロイター=共同)
 東京五輪の男子シンクロ高飛び込みで金メダルを獲得した英国のトーマス・デーリー(27)が、観客席で編み物に夢中になっている姿が話題を呼んでいる。作っていたのは犬用のセーターだった。米CNNテレビ(電子版)が3日までに伝えた。

 CNNによると、デーリーは1日の女子板飛び込み決勝の際、せっせと編み物をしていた。何を編んでいるのかインターネット上で関心が集まり、2日にデーリーがインスタグラムで、友人のために犬のセーターを編んでいたと明らかにした。

 デーリーは「僕がこれまで正気を保ててきたのは、編み物への愛情のおかげ」とコメントした。

(2021年08月04日 08時34分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ