山陽新聞デジタル|さんデジ

ファジ、名古屋に0―1で敗れる 天皇杯3回戦、16強入りならず

後半、ファジアーノ岡山の徳元悠平(左)がシュートを放つも決まらず=名古屋市港サッカー場
後半、ファジアーノ岡山の徳元悠平(左)がシュートを放つも決まらず=名古屋市港サッカー場
 サッカーの第101回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)は2日、名古屋市港サッカー場で3回戦の1試合があり、J2ファジアーノ岡山は0―1でJ1名古屋に敗れ、初の16強入りはならなかった。

 ファジアーノは前半、主導権を握られ、33分にCKから先制点を献上。後半は一転して攻勢を強め、上門や徳元らが惜しいシュートを放ったが、最後までネットを揺らせなかった。終盤にPKを止めたGK金山の好守は光った。

 このカードは7月14日に行われ、雷雨のため0―0の前半終了時点で中止となっていた。

 ▽3回戦
名古屋1-0岡山
前半1-0
後半0-0

(2021年08月02日 21時39分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ