山陽新聞デジタル|さんデジ

コロナ 瀬戸内市など13人感染 岡山県発表 いずれも軽症か無症状

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県は2日、県内で新たに13人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。瀬戸内市5人、和気町3人、総社、赤磐市各2人、矢掛町1人。いずれも軽症か無症状で、3人の感染経路が不明。県内での感染確認は8291人となった。

 県によると、瀬戸内市の5人はクラスター(感染者集団)が起きた岡山市内の高校の生徒。一連の感染者は19人となった。

 また、県は感染を公表済みの22人から、インドに由来するデルタ株の可能性がある「L452R変異株」が検出され、これまでに判明した同変異株事例のうち15人についてデルタ株だったことを明らかにした。県内でのL452R変異株確認は149人、このうちデルタ株は28人となった。

 ※岡山県の発表には、岡山、倉敷両市の感染者は含まれません。

(2021年08月02日 12時57分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ