山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山で全国高校生邦楽コンクール 県知事賞に箏の柿原さん(東京)

柿原万穂さん
柿原万穂さん
 「おかやま全国高校生邦楽コンクール」(実行委主催)が31日、岡山市北区天神町、県天神山文化プラザで開かれ、箏の東京・女子学院高3年柿原万穂さん(18)が最優秀の岡山県知事賞に輝いた。

 高校生が個人の技を競う唯一の邦楽コンクールとして1989年に創設され、30回目。8都県から箏の15人が出場し、課題曲「六段の調」と自由曲を奏でた。箏曲家砂崎知子さん(岡山市出身)、尺八奏者田辺洌山さん(同)ら6人が審査した。

 柿原さんは自由曲で古典の「春の曲」を弾き歌い、「安定した演奏力があり、情緒豊かな歌も素晴らしい」と高評された。聴衆によるリスナー賞も受賞し「元気よく自分らしい演奏ができた。受賞を励みに努力を重ね、箏の素晴らしさを広めていきたい」と語った。

 他の入賞者は次の皆さん。(敬称略、奨励賞は関係分)

 2位(岡山市長賞)三輪知愛(東京・東洋英和女学院高等部2年)▽3位(岡山県文化連盟会長賞)早瀬大和(岐阜・大垣北高1年)▽奨励賞 木下陽菜(岡山・山陽学園高3年)山川美結(同・清心女子高3年)

(2021年07月31日 20時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ