山陽新聞デジタル|さんデジ

ソウルの米軍基地、大規模返還へ 全体の4分の1、主要機能移転で

 ソウル中心部にある在韓米軍の竜山基地=30日(聯合=共同)
 ソウル中心部にある在韓米軍の竜山基地=30日(聯合=共同)
 【ソウル共同】米韓両国は31日までに、ソウル中心部にある在韓米軍の竜山基地のうち約50万平方メートルを来年の早い時期に韓国側へ返還する方向で一致した。韓国メディアによると基地全体の約4分の1に当たり、東京ドーム10個分に相当する。

 韓国外務省と在韓米軍の高官が29日に協議し、返還計画を盛り込んだ共同声明を発表した。竜山基地にあった在韓米軍司令部など主要機能が北西部・平沢の米軍基地キャンプ・ハンフリーに移転したことを受けた措置。

 韓国外務省当局者は、竜山基地に残留している米韓連合軍司令部についても来年前半の移転を目標にしていると述べた。

(2021年07月31日 20時06分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ