山陽新聞デジタル|さんデジ

新岡山市民会館の愛称 投票して 「岡藝」など最終候補3点発表

岡山市の新市民会館・岡山芸術創造劇場の完成イメージ
岡山市の新市民会館・岡山芸術創造劇場の完成イメージ
 岡山市は29日、公募していた新市民会館「岡山芸術創造劇場」(同市北区表町、2023年夏ごろ開館予定)の愛称の最終候補3点を発表した。8月13日までインターネット投票を行い、1点に絞り込む。

 岡山弁や晴れの国などにちなんだ「岡藝(おかげい)」「mirare(みられ)」「ハレノワ」。全国から1031点の応募があり、外部有識者を交えた選考委員会が選んだ。

 ネット投票は指定管理者の公益財団法人・岡山文化芸術創造のホームページなどで受け付ける。決定した愛称は8月下旬に公表する。

 同市文化振興課は「岡山の新しい顔にふさわしい名前を決めてほしい」としている。

(2021年07月29日 20時02分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ