山陽新聞デジタル|さんデジ

クロマグロ、大型魚15%増枠 国際合意、日本に732トン

 太平洋クロマグロの漁獲管理を話し合う国際会議の合意内容を説明する水産庁幹部=29日午後、農水省
 太平洋クロマグロの漁獲管理を話し合う国際会議の合意内容を説明する水産庁幹部=29日午後、農水省
 日米などが太平洋クロマグロの漁獲管理を話し合う国際会議が29日閉幕し、日本近海を含む中西部太平洋で、2022年から大型魚(30キロ以上)の漁獲枠を一律15%増やすことに合意した。水産庁によると、日本の増加分は732トン。一時は激減した水産資源が回復傾向にあるとして、拡大を求めた日本の提案が一部認められた。成育途上で今後の資源に影響が出やすい小型魚は、現行規制を維持する。

 今年中に開く上部会合で承認されれば正式決定となる。日本の増枠提案は昨年の会議まで3年連続で退けられてきたが、見解が一転し、漁業者にとっての厳しい制約は和らぐ方向になった。

(2021年07月29日 21時39分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ