山陽新聞デジタル|さんデジ

伝統製法の醤油でアイスクリーム 大月醸造場、安富牧場と共同開発

大月醤油醸造場が販売しているアイスクリーム
大月醤油醸造場が販売しているアイスクリーム
 醤油(しょうゆ)製造・販売の大月醤油醸造場(新見市井倉)は、大釜にまきで火入れする伝統の製法で手掛けた醤油を使ったカップ入りアイスクリームを販売している。

 酪農業の安富牧場(岡山市北区下足守)と共同開発。昔ながらの製法で造るこくと甘みのある醤油と、キャラメル味が効いたミルクアイスを組み合わせ、甘じょっぱい味わいに仕上げた。醤油独特の香ばしい香りも引き立っている。

 「手軽なアイスクリームをきっかけに地元の醤油を広めたい」と今年2月から開発に着手。5月初旬から店頭販売を始めた。1カップ(120ミリリットル入り)360円。

 大月醤油醸造場は、岡山県指定天然記念物の鍾乳洞・井倉洞で知られる井倉峡の近くにあり、4代目の大月勝功さん(49)は「涼しげな井倉峡を眺めながらアイスを食べて」としている。

 問い合わせは同醸造場(0120―628686)。

(2021年07月29日 16時14分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ