山陽新聞デジタル|さんデジ

NY株続落、127ドル安 コロナ感染再拡大懸念で

 28日のニューヨーク証券取引所(AP=共同)
 28日のニューヨーク証券取引所(AP=共同)
 【ニューヨーク共同】28日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比127・59ドル安の3万4930・93ドルで取引を終えた。新型コロナウイルス変異株による感染再拡大への懸念から、売りが優勢となった。

 前日の決算発表で売上高の伸びが鈍化する見通しを明らかにしたアップルが売られ、ダウ平均を押し下げた。米連邦準備制度理事会(FRB)が連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明で量的緩和策の縮小へ議論を進める考えを表明したが、市場の反応は限定的だった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は反発し、102・00ポイント高の1万4762・58。

(2021年07月29日 05時54分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ