山陽新聞デジタル|さんデジ

桃田賢斗、1次リーグ敗退 バドミントン・28日

 男子シングルス1次リーグ 韓国選手と対戦する桃田賢斗=武蔵野の森総合スポーツプラザ
 男子シングルス1次リーグ 韓国選手と対戦する桃田賢斗=武蔵野の森総合スポーツプラザ
 男子シングルス1次リーグで韓国の許グァン熙に敗れた桃田賢斗=武蔵野の森総合スポーツプラザ
 男子シングルス1次リーグで韓国の許グァン熙に敗れた桃田賢斗=武蔵野の森総合スポーツプラザ
 バドミントン1次リーグで、男子シングルスの世界ランキング1位でA組の桃田賢斗(NTT東日本)は許グァン熙(韓国)に0―2で敗れ、1勝1敗の2位で決勝トーナメント進出を逃して敗退した。I組の常山幹太(トナミ運輸)はコエリョ(ブラジル)に快勝し、2連勝の1位で突破した。

 桃田賢斗の話 試合の入りは良かったけど、途中から自分の気持ちが引いてしまった。自信を持ってプレーできなかったので、それが良くなかった。流れを止められなくなってしまった。最後まで苦しい展開だった。このコートに立つまでにいろんな人に支えてもらった。苦しかったが、やりきったかなと思う。

(2021年07月28日 22時15分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ