山陽新聞デジタル|さんデジ

搭乗検査200人やり直し 高知空港、刃物見落とす

 28日午後3時15分ごろ、高知空港(高知県南国市)で保安検査を終えていた30代男性が「手荷物の中に刃物がある」と自己申告し、ジェットスター・ジャパンの成田便など3便に搭乗予定だった乗客約200人を再検査するトラブルがあり、最大約2時間の遅れが出た。

 高知空港事務所によると、男性は成田便に搭乗予定で、男性の手荷物を再検査して多機能ナイフ1本が見つかった。他の乗客に刃物を渡している可能性もあるとして、他2便の乗客らも再検査した。刃物を見落とした原因を調べる。

(2021年07月28日 20時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ