山陽新聞デジタル|さんデジ

「コロナ不活化」根拠なし 除菌消臭器、景表法違反

 消費者庁が表示に合理的な根拠がないとした除菌消臭器「オゾネオエアロ」
 消費者庁が表示に合理的な根拠がないとした除菌消臭器「オゾネオエアロ」
 「新型コロナウイルス不活化効果を確認」とうたった除菌消臭器「オゾネオエアロ」の表示には合理的な根拠がなく、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、消費者庁は28日、製造販売会社マクセル(京都府大山崎町)に再発防止命令を出した。

 消費者庁表示対策課によると、同社は自社ウェブサイトや通販サイトで、奈良県立医科大と共同研究を実施してコロナに対する効果を確認したと表示。「オゾンの酸化力で『置くだけ』ウイルス対策」「20畳までの空間を快適空間に」などと宣伝していた。

(2021年07月28日 18時18分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ