山陽新聞デジタル|さんデジ

台風8号、日本海で温帯低気圧に 東北で災害警戒続く

 宮城県石巻市付近に上陸した台風8号は速度を上げながら岩手、秋田両県を通過し、28日午後3時、秋田県・男鹿半島沖の日本海で温帯低気圧に変わった。同日午後も東北や関東では局地的に強い雨が降り、土砂災害や浸水への警戒が続いた。

 気象庁によると、東北と東日本は温帯低気圧に向かって流れ込む暖かく湿った空気と上空の寒気の影響で大気の状態が非常に不安定になった。29日夕方までの24時間で東北、北陸、関東甲信の多い場所で80ミリの雨が降る可能性があるという。

 台風周辺の発達した雨雲の影響で、28日午後も栃木県日光市で1時間に54・0ミリの非常に激しい雨が降った。

(2021年07月28日 17時46分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ