山陽新聞デジタル|さんデジ

生本マグロの刺し身をネット販売 「すし遊館」展開のやまと

インターネット販売を始めた生本マグロの刺し身3種
インターネット販売を始めた生本マグロの刺し身3種
 回転ずしチェーン「すし遊館」を展開するやまと(倉敷市福島)は、自社のインターネット販売サイトで看板商品である国産生本マグロの刺し身の取り扱いを始めた。

 通販サイト「だてまぐろ専門 鮪(まぐろ)ノすし遊」で、中トロのみ(6480円)、赤身と中トロ(5850円)、大トロを加えたマグロ3種(7550円)、マグロ3種にホタテとイクラ、サーモンが付いた(5850円)の計4商品を用意し、内容量は400~450グラム。マグロは愛媛県宇和島産を1本買いで仕入れ、水揚げから一度も冷凍せずに届ける。送料は別途必要。

 ネット通販ではこれまで、鮮度を保ちやすいマグロの柵だけを取り扱ってきたが、「切るのが面倒」「うまくさばけない」といった顧客の声に応えて刺し身を品ぞろえに加えた。産地直送のため、卸売市場や仲買人を介する通常の流通ルートよりも配送が2、3日早く、新鮮さを損なわずに提供できるという。

 高橋栄二社長は「届いたらすぐに味わってもらえる。贈り物にも最適で、生本マグロのおいしさを楽しんでほしい」と話している。

(2021年07月28日 17時03分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ