山陽新聞デジタル|さんデジ

政府与党、緊密した連携を確認 コロナ連絡会議が初会合

 政府、与党は28日、新型コロナ対策に関する連絡会議の初会合を国会内で開き、緊密に連携して対応することを確認した。加藤勝信官房長官、自民党の二階俊博、公明党の石井啓一両幹事長らが出席。酒類提供制限を巡る西村康稔経済再生担当相の発言により混乱が生じた反省から、政権内の意思疎通を徹底するのが目的だ。

 二階氏は会合で「政府、与党が連絡を密にすることが非常に重要だ。一層緊密に連絡を取り合いたい」と語った。西村氏は混乱に関し「大変迷惑を掛けた」と陳謝した。

 自公両党で実務者による組織をつくると申し合わせ、政府側から河野太郎行政改革担当相らが出席する方向で調整する。

(2021年07月28日 13時30分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ