山陽新聞デジタル|さんデジ

中国、米に主権尊重要求 関係悪化防止の前提主張

 会談するシャーマン米国務副長官と中国の王毅国務委員兼外相=26日、北京(UPI=共同)
 会談するシャーマン米国務副長官と中国の王毅国務委員兼外相=26日、北京(UPI=共同)
 【天津、ワシントン共同】中国の王毅国務委員兼外相は26日、訪中したシャーマン米国務副長官との天津での会談で、中国の主権を米国が侵さないことなどが、両国関係の悪化を防ぐ前提条件になると主張した。米中が大国として共存するべきだとの考えも示した。中国外務省が発表した。

 王氏は新疆ウイグル自治区、チベット、香港、台湾などを巡り「中国の主権を侵してはならない」と強調。特に台湾に関して「統一はしていないが、中国の領土である事実は変わらない」と指摘。「台湾独立」の動きがあれば「あらゆる必要な手段で阻止する」と警告した。

(2021年07月27日 05時53分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ